スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * -

    第19回ロルカ詩祭(8月20日)のこと

    0

      今年で19回目を迎える「ロルカ詩祭」についてのお知らせです。

       

      LORCA

       

      ★第19回ロルカ詩祭

       

       -------------------------------★

      第19回  ロルカ詩祭

       

      『いまふたたびの我らの中庭で』           中堂けいこ

       

       おお、フェデリコ!また8月がやってきた。19日の血の執行! 銃に囲まれ、長い道を来たあなたが夜明けの野にあらわれる。グラナダの犯罪。額に血、腹に弾丸。あわれなグラナダ!あなたのグラナダが暑い蛮行に狂い立つ日だ。そしてブエノスアイレスの熱狂もとだえてしまう。

      だが、フェデリコ!わたしたちの中庭は健在だ。サクラモンテの丘のジプシーたちの歌と旋律。手と踵を打ち鳴らす、強拍の怒涛のリズム。ドローレスの胸に抱かれ耳もとで囁かれた、子守唄、アンダルシアの伽話を忘れようもない。あなたの詩の飼い葉、戯曲の揺り篭。

       

      あれは月です 踊ってますね

       死んだ者たちの中庭で。

       

        ごらんよ 精魂尽きたその身体、

       影と傷とに黒ずんで。

       

        母さん、月が踊っているのです

       死んだ者たちの中庭で。

       

        夢のちょうど入り口で

       石の仔馬を傷つけるのは誰ですか?

        

        月です!月です!

       死んだ者たちの中庭の!

      ・・・・・・・・・・  (サンティアーゴの月の踊り)部分

                

       

      また8月の扉が開かれる。何十回何百回と開けられる扉は一度として同じではなかった。世界をかけめぐるテロリズムの蛮行はいまだわたしたちを血塗りの恐怖に陥れる。暴力の剣の前でわたしたちは盾も持たず、ただことばだけで、そのことばだけで一歩を踏み出す。扉の向こうからかの世の者たちがおおぜいやってくる。彼らは再び生の痛みと顔をとりもどすが、わたしたちは互いに入り混じり葬列のあとに続く。最後尾の者が先頭になり、先頭の者がふたたび後尾につく。なんという賑やかさ、喧しさ、歌え、歌え、さあ歌え・・・!

      今宵、ロルカ詩祭、スペイン語翻訳家の鼓直氏によるロルカ詩新訳が披露される。メランジュ同人詩友、詩の愛好者が熱い神戸につどう。

      -------------------------------★

       

      ◇開催日時/2016年8月20日(土)午後5時開場

      第一部(ロルカ作品のスペイン語、日本語による朗読)…午後5時30分スタート

      第二部(ロルカ的世界に身を委ねた自作詩の朗読)…午後6時00分スタート〈前半・後半あり〉

       

      ◇詩祭案内/スペインの国民的詩人であるフェデリコ・ガルシア・ロルカ(1898-1936)の生誕100年にあたる1998年から神戸で始まった詩の朗読会です。8月19日のロルカの命日に近い土曜日に、神戸市三宮のスペイン料理カルメンで開催しています。

      この詩祭は、スペイン内戦が勃発した直後、ファシストによって殺されたロルカへの追悼ばかりではなく、阪神・淡路大震災をはじめとした震災の犠牲者に対する追悼、さらにはロルカ詩祭に参加し今は鬼籍に入っている清水昶氏らへの追悼をふくみます。

       

      〈第一部ロルカ詩朗読パート〉司会・千田草介

      01.北原千代(ダブらないよう選択してください)

      02.黒田ナオ(同)

      03.にしもとめぐみ(同)

      04.今野和代(「N0 AY CAMINO」)

      05.鼓直(『タマリー詩集』から「思わぬ恋のガセーラ」)

       

      〈休憩時間に秦コウタロー氏によるアコーディオン演奏が入ります〉

       

      〈第二部自作詩朗読パート〉司会・福田知子

      /前半

      01.黒田ナオ

      02.千田草介

      03.にしもとめぐみ

      04.北原千代

      05.安西佐有理

      06.大橋愛由等

      07.北岡武司

      08.大西隆志

      09.情野千里

       

       

      /後半

      10.睫敝攣

      11.秦ひろこ

      12.中堂けいこ

      13.中嶋康雄

      14.福田知子

      15.高谷和幸

      16.今野和代

      17.金里博

       

      ◇演奏者/秦コウタロー(アコーディオン)

       

      ◇料金/Aセット(チャージ+ワンフード+ワンドリンク付き)2000円、Bセット(チャージ+コース料理〈スープ、サラダ、メインディッシュ、パエリア、珈琲、デザート付き〉3600円)のいずれかを選択。

       

      ◇場所・問い合わせ/スペイン料理カルメン(〒650-0012 神戸市中央区北長狭通1-7-1 カルメンビル2F 申し込み、問い合わせは、電話078-331-2228) 

      carmen-kobe * スペイン文化 * 08:41 * comments(0) * trackbacks(0) * -

      スペイン内戦のあとの地獄

      0

        スペイン映画「La  Voz Dormida〜沈黙の叫び」(ベニト・サンブラノ監督、2011)を大阪・十三の第七芸術劇場で観ました。(もうひとつの邦題は「スリーピング・ボイス」)

        舞台は、1940年。内戦はその前年に終わったものの、内戦に勝利したフランコ側の共和派狩りは徹底します。この
        共和派狩りはあと何年も執拗につづけられのです。それは独裁者フランコが死ぬ1975年までつづけられたと言っても過言ではないでしょう。スペイン社会と国民性には、こうした執拗さがあるのです。これはひとつには半島という地政学的位置が関係しているのかもしれません。イベリア半島といっても、接している外国はフランスのみで、その間にはピレネーという越えがたい山脈が横たわっているために、スペインはヨーロッパ大陸の一部でありながら、島嶼のような自足した地域なのです。

        内戦後も共和派の残党(共産党員)が山にこもって、抵抗を続けているのです(スペインは実は山国です)。
        そんな中、共和派と少しでも関係のあった女性たちは次々と当局に拘束され、カトリックのシスターたちが管理を担当する施設に収監されています。そうした女性たちは、おざなりな裁判の後にほぼまちがいなく死刑を宣告され、処刑されるのです。

        主人公の女性ベビータは、妊娠中の姉がその施設に収監されているために、家政婦をしながら面会におとずれるのです。その最初の面会日、施設を出たところで、共産党のシンパが近づいてきて、連絡要員となるよう迫ります。仕方なく従う
        ベビータ。姉オルテシアの夫は山にこもっていますが官警との銃撃戦で重症をおっていたのです。

        しだいに関係を深くもってしまうベビータ。映画では、スペインのひとたちは、たがいに相手側に殺された身内をもつことがあきらかにされていきます。内戦から70年以上たったいまでも、スペイン社会では、同じ国民同士が戦った深い傷をいやさなれないままに、現在にいたっているのです。

        わたしも何本かスペイン内戦にかかわる映画を観てきましたが、そのたびごとにその龜裂の深さが感じ取れます。購入した映画のパンフレットにはこう書かれています。「国が二分されたせいか、(スペイン内戦を)真っ向から描くよりも、内戦やフランコ政権を背景として、子供を主人公にした映画が多い。」まさにそのとおりです。

         

        carmen-kobe * スペイン文化 * 23:06 * comments(0) * trackbacks(0) * -

        第18回ロルカ詩祭に行こう

        0

          第18回ロルカ詩祭が8月15日(土)に開催されます。

           

           今年も、「ロルカ詩祭」を開催します。1998年のロルカ生誕100周年から始めた詩の朗読イベントです。今回で18回目となります。8月に開催するのは、1936年にスペイン内戦が勃発してまもなくの頃に、ファシスト勢力によってロルカが暗殺された8月19日に近い土曜日を選んで開催するためです。

          この詩祭は二部構成。第一部は、フェデリコ・ガルシア・ロルカの詩作品の朗読(スペイン語、日本語ほか)、第二部はロルカの詩世界によせた自作品の朗読です。毎回濃密な朗読会が開催されています。朗読者のバックで演奏するのは、キーボード奏者の春間げんさんです。 

          席に余裕ありです。この詩祭は、毎年夏に神戸で行われている詩の祭典です。朗読という声のつらなりと語りのかさなりが縦横に展開されます。

          今年も第一部で、ラテン・アメリカ文学者の鼓直氏が、あらたなロルカ詩の翻訳をひっさげて参加されます。

          ☆第18回ロルカ詩祭

              吟じられるのは

                抒情

                鎮魂

               あるいは

                沈黙
           

          ☆〈出演者〉

          ゲスト詩人/海埜今日子、飛火野 椿

          演奏/春間げん(キーボード)

          (朗読者)アグスティン、安西佐有理、得平秀昌、大西隆志、大橋愛由等、黒田ナオ、今野和代、千田草介、高谷和幸、鼓直、 富 哲世、にしもとめぐみ、福田知子 

          ☆ 〈 詩祭スケジュール 〉

          8月15日(土)午後5時 開場 

          [ 1部 ]PM5:30〜PM6:00

                      ロルカ詩の朗読

          [ 2部 ]PM6:15〜PM8:30

                      詩人たちの自作詩朗読

          《場所》スペイン料理カルメン(神戸市中央区北長狭通1-7-1

              電話078・331・2228 〒650-0012)

              JR・阪急・阪神・地下鉄「三宮駅」から徒歩三分。

          《料金》Aコース/3600円(チャージ込み)(1)夏の特選スープ(2)季節のサラダ(3)メインディッシュ(4)パエリア

               (5)コーヒー(6)デザート

              Bコース/2000円(チャージ込み)(1)ワンドリンク(選択可)(2)スペイン産チョリソー

          《特典》当日参加者の方全員に、第二部参加の詩人たちが朗読する詩作品掲載の『八月一九日詩集・vol.18』を進呈します。

          ——————————————————————————————————————————————

          ☆迸(ほとばしる)るドゥエンデの場「第18回ロルカ詩祭」へ

          今野和代

          見ていたい。こどもがオレンジの実を食べるのを、農夫たちが麦を刈り取るのを。だから「わたしが死んでも露台(バルコニー)は開いたままにしておいて」。そんな「別れ」の詩のフレーズを書いたロルカ。アンダルシアですら滅びかけていたヒターノによる土着のフラメンコを愛し、奔走して蘇らせたロルカ。詩人で朗読家、脚本家で演出家、作曲家で演奏者、絵を描く人でもあった。自らを「アナキスト、コミュニスト、自由主義者で、カトリック、伝統主義者、王政主義者」と語った。38歳の彼は、スペイン内戦のさなか1936年8月19日から20日未明かけてのグラナダ郊外ヴィスナルのオリーブ畑で、ファランヘ党により銃殺された。フェデリコ・ガルシア・ロルカへの敬愛と哀悼、阪神・淡路大震災で犠牲となられた人々への鎮魂と復興へのおもいを込めて1998年より神戸の地で「ロルカ詩祭」が開始され、今年で18回を迎える。広島・長崎の原爆投下そしてアジア太平洋戦争終結から、きっかり70年。阪神・淡路大震災から20年。東日本大震災から4年。ネパール大震災から4カ月。星座と海の詩人寺岡良信を失って2カ月の夏でもある。戦争と厄災と死の脅威と無惨と空白は、今なお私たちを襲い苛み、深い喪失感と悲しみの底に突き落とす。2015年8月15日。「ただなか」という一人ひとりの切実な現実を抱えながら、会場となる老舗「カルメン」での詩祭には、出会いと戦慄、声と音楽、沈黙と発語と身体とスピリッツによる、名づけることのできない新鮮な時間が流れるだろう。ロルカが「霊感の瞬間的な噴出、真に生命あるものの紅潮。演者がある瞬間に創りだす全てのもの」と言った「ドゥエンデ」の場が出現するはずだ。マルケス『百年の孤独』、ボルヘス『伝奇集』翻訳者の鼓直氏のご出演を今年も得た。 東京から海埜今日子さんと飛火野 椿さんをお招きする。どうかみなさま、ふるってご参加ください。  

          ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

          carmen-kobe * スペイン文化 * 09:10 * comments(0) * trackbacks(0) * -

          マドリードで

          0

            ふと、Mさんがカルメンを訪れてくれました。

            Mさんは、カルメンでアルバイトをしていたことがあって、現在はマドリードに留学しているとのことです。

            そのMさんにスペインのことを聴いていると、経済が回復していない上に、政府は税金をあげようとしいるので、ストが続発していると言います。

            スペイン人も、極東の国の市民も、生きていくのが大変なのは、変わりないようです。

            carmen-kobe * スペイン文化 * 09:19 * comments(0) * trackbacks(0) * -

            ロルカ詩祭のお知らせ

            0
              「第17回ロルカ詩祭」を開催します。

              今年は、第一部で朗読していただいているスペイン文学者の鼓直氏がスペインから勲章を授与されるという朗報が入っています。もちろん今年もロルカの詩をあらたに翻訳して馳せ参じてくれます。
              ゲスト詩人は、.萩原健次郎氏。楽しみです。今回の初参加者に、ラップの詩や、遠くからつけてくれる詩人もいて、今年もにぎやかな詩祭となりそうです。また、今回の伴奏者はフラメンコ・ギタリスタ。お客さんとして来店するカンタオーラ(歌い手)とともに、ロルカの詩をもとにしたフラメンコ曲を披露していただけるかもしれません。


              第17回「ロルカ詩祭」へのお誘い(8月16日〈土〉)
              17回目を迎えるロルカ詩祭を、8月16日(土)に、神戸市三宮のスペイン料理カルメンで行います。

                  =======第17回ロルカ詩祭の案内文=======
              ------------------------------------------------------------
              真夏の夜の夢

              ソロンゴ

              月は小さな井戸
              花なんかいらない
              今夜私を抱きしめる
              あなたの腕があればいい
              La luna es un pozo chico,
              las flores no valen nada
              lo que valen son tus brazos
              cuando de noche me abrazan.
              (訳者不明、歌詞はロルカによるの)

               ソロンゴは、もともとアンダルシア地方に伝わる古い民謡で、ガルシーア・ロルカが発掘した曲である。この曲はヒターノたちによってフラメンコを演じるタブラオ(=ライブハウス)で歌い継がれていく。歌詞はロルカがあらためて編集して組み立てている。こうしたロルカ作の詩のいくつかがフラメンコの曲に取り入れられているのだ。引用の歌詞も見ても情熱的であることは分かるが、フラメンコの曲の中でも、バイレたちが情熱的に踊る腕の見せどころの曲である。
               ロルカは音楽の素養もありヴェルディの弟子にピアノと作曲を習い、かのマヌエル・デ・ファリャに薫陶を受けたと言う。おまけにサルバドール・ダリとも親交があり、偉大なデッサン画家でもあった。ロルカの活躍した40年ばかりの前期を詩作、後期は劇作と二分される。有名な三代悲劇も一作に三年から五年が費やされると言う遅筆ぶりであった。しかも現実に起こったことをもとに、登場人物はほとんどが実在の人物であった。それをロルカは独自の詩霊で発酵させたのだ。ガルシーア・ロルカ1936年8月19日早朝グラナダ近郊ビスナルのオリーブ畑で銃殺される。38歳の若さだった。
              今宵もロルカを愛し集う者たちの暑い詩祭が始まる。オレー!

                 にしもとめぐみ
              --------------------------------------------------------------

               〈 詩祭スケジュール 〉予定
              ★日時/8月16日(土)午後5時 開場
               [1部]PM5:30〜PM6:00
              ロルカ詩の朗読
               [2部]PM6:00〜PM8:30
              詩人たちの自作詩朗読
              ★場所/スペイン料理カルメン(神戸市中央区北長狭通1-7-1 〒650-0012
                  電話078・331・2228 (参加を希望される方もこの電話に連絡してください)
                  JR・阪急・阪神・地下鉄「三宮駅」から徒歩三分。
              ★料金/A:3600円(チャージ込み)(1)夏の特選スープ(2)季節のサラダ(3)メインディッシュ(4)パエリア(5)コーヒー
                 (6)デザート
                  B:2000円(チャージ込み)(1)ワンドリンク(2)タパス盛り合わせオードブル
              《特典》当日参加者の方全員に、第二部参加の詩人たちが朗読する詩作品掲載の『八月一九日詩集・vol.17』をもれなく進呈します。
              ★出演者/ゲスト・1.萩原健次郎  伴奏者/フラメンコギタリスタ・湯口哲成
              (朗読予定者)2.鼓直(スペイン国家から「国民栄誉賞」授与)、3.アグスティン、4.安西佐有理、5.岩脇リーベル豊美、6.大西隆志、7.大橋愛由等、8.岡本清周、9.北原千代、10.今野和代、11.情野千里、12.千田草介、13.高谷和幸、14.Dobinski、15.中嶋康雄、16.中堂けいこ、17.中村雅子、18.にしもとめぐみ、19.平岡けいこ、20.福田知子

              ★参加希望の方は/スペイン料理カルメン078-331-2228まで電話してください。(8月4日、5日、6日は臨時休業いたします。7日は正午から営業いたしております)

              ★出演朗読者のみなさんへ/一人でも多く見に来ていただくよう多方面に声をかけてください。(チラシはおってメール送信します)

              ★〈スペインを代表する詩人の一人であるフェデリコ・ガルシア・ロルカの生誕100年にあたる1998年から始まった「ロルカ詩祭」。会場は、神戸・三宮にあるスペイン料理カルメン。今年もロルカが殺された8月19日に近い土曜日に開催します(16日)。この詩祭は、第一部がスペイン語と日本語によるロルカ作品の朗読、第二部は詩人たちのロルカ的世界に身を委ねた自作詩の朗読で構成されています。神戸でこの詩祭が行われるのは、1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災の追悼の意味を込めていることはもちろんのこととして、2011年の東日本大震災の犠牲者に対する鎮魂の意味も加わりました。またこれまで詩祭に参加した人のなかで清水昶氏のように物故した詩人に対する追悼の意味も込められています〉
              carmen-kobe * スペイン文化 * 08:42 * comments(0) * trackbacks(0) * -

              新しいスペインの王様

              0
                サッカーのスペインチームが敗退して消沈しているさなかに、明るい(?)ニュースが。

                1975年にフランコが死んで以来国家元首となったファン・カルロス1世が退位して、息子のフェリペ皇太子が即位。フェリペ6世を名乗ることになりました。

                スペインは日本と同じくKingdom。
                王様の人気がその国の国勢にも影響するのです。

                さてどのような治世となるのか。
                この治世にスペイン経済が少しでも安定化することを願っています。
                carmen-kobe * スペイン文化 * 12:21 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                王者スペインが…

                0
                  まさかこんなことってあるのでしょうか。

                  全大会の覇者が、本日のチリ戦で0-2で負け、決勝リーグには進めなくなりました。

                  (たしか、前回フランスも予選リーグ敗退でした)。

                  第二戦以降は本領発揮してくれると信じていただけに、ショックの深さは計り知れません。

                  スペインが勝てば、カルメンで「勝ちましたセール」をしようと思っていただけに、残念です。

                  もうこれで、わたしにとってのワールドカップは終了しました。
                  carmen-kobe * スペイン文化 * 07:49 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                  サッカー、負けて悔しい花いちもんめ

                  0
                    「第二戦があるさ」とは、スペインと日本のサッカーファン共通の本音ではないでしょうか。

                    ワールドカップ2014。初戦でスペインも日本も負けてしまいました。
                    ともにイヤ〜な負け方だっただけに、ショックも小さくありません。

                    前回のスペインは第一戦で格下のスイスによもやの敗退。それまで「張り子の無敵艦隊」と言われていただけに、「ひょっとして今回も」と、行く末に不安を感じたのですが、その後は負けなし。ワールドカップで初優勝を果たしたのです。

                    スペインと日本のナショナルチーム、いずれも気が抜けません。
                    carmen-kobe * スペイン文化 * 07:18 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                    スペイン国王の退位について

                    0
                      今日の朝刊を賑わしているのは、スペイン国王であるファン・カルロス一世(76)が退位するとの報道です。

                      独裁者フランコは自分の死後は王政復古するのだと遺言したのです。ファランへ党や自分の身内を後継にと指図してもよかったのですが、それだといずれ政権が転覆されると自分の業績も時代も全否定される恐れがある。

                      王政復古するとなんとか自分が築いた時代が担保されると考えたのでしょう。

                      フランコはナチスドイツに協力するようなそぶりを見せて枢軸側として参戦することはなく、ファシズム国家として唯一戦後も生き残った智慧を発揮しました。この王政復古もまた彼の面妖さを象徴する選択でしょう。

                      そうして王位についたカルロス国王でしたが、民主化を進めるなど立憲君主制を自ら体現してみせたのですが、最近は王室がらみでスキャンダル続きでした。


                      スペインの現代史が大きく動いた瞬間です。
                      carmen-kobe * スペイン文化 * 13:03 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                      国際パエリアコンクール

                      0


                        7月5日(土)に、日本初の「国際パエリアコンクール」が開かれます。

                        主催は、日本パエリア協会。
                        東京都江東区前仲町にあるバレパエージャが協会事務局です。

                        そして開催場所は、江東区の豊洲公園です。興味のある方は、ネットで検索してみてください。
                        carmen-kobe * スペイン文化 * 12:54 * comments(0) * trackbacks(0) * -
                        このページの先頭へ